上越タイムス 〜 “上越地域のことが一番詳しく載っている”地域日刊紙

上越タイムスニュース

« 前の記事ニューストップ次の記事 »

JR黒井駅、ダイヤ改正でほくほく線一部停車

初日に歓迎セレモニー、手旗振って住民出迎え

2015年3月17日 12時00分 更新

JR黒井駅、ダイヤ改正でほくほく線一部停車

 北陸新幹線開業に伴うダイヤ改正で、ほくほく線の列車の一部がJR黒井駅(上越市頸城区)に止まることになり、初日の14日、同駅で歓迎セレモニーがあった。地元住民がホームで手旗を振り、待ちに待った停車を喜んだ。

 黒井駅には1日3本が止まる。セレモニーは越後湯沢―直江津の下り快速列車の到着(午後0時56分)に合わせて行われ、約60人が集まって歓迎した。地元小学生から、北越急行運輸部長と運転士に花束が贈られた。

 頸城区の渡辺吉造さん(73、南川振興会長)は「停車をずっと願っていた。駅周辺は人口が多く、企業がある。本数が増えていくことを期待している」と話す。

 セレモニーに合わせる形で、二つ前のくびき駅で乗り、黒井駅で降りた住民もいた。

 時刻表によると、午前5時56分黒井発の上り快速列車に乗り、越後湯沢で上越新幹線に乗り継ぐと、午前8時40分に東京に着く。

 黒井駅では平成23年度に南北を結ぶ自由通路(長さ52・5メートル、幅3メートル)が完成し、駅を利用する南口住民の安全性と利便性が向上した。南北の駅前広場も整備、拡充されている。

(この記事は2646人に読まれています)


◇3月17日 そのほかのニュース


電子版 会員仮登録フォーム 広告募集中

杉みき子オフィシャルサイト

ニュースをさがす

<<2019/8>>
19202122123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近のニュース

人気のニュース(1ヵ月間)
Copyright (c) 2006 Joetsu Times.  All rights reserved.