上越タイムス 〜 “上越地域のことが一番詳しく載っている”地域日刊紙

上越タイムスニュース

« 前の記事ニューストップ次の記事 »

障害者の就労支援、「ひまわりオイル」発売

合同会社「つくし・ひまわりSSネット」設立

2016年8月19日 14時00分 更新

障害者の就労支援、「ひまわりオイル」発売

 上越市北新保の川室記念病院周辺で「和・道」医療福祉グループ(会長・川室優同病院長)が地域と共に植栽してきたヒマワリの種を原料にした「ひまわりオイル」を販売する合同会社が2日、設立した。障害者の就労の場の提供が目的。昨年度の収穫分を製品化し、注文受け付けを開始している。

 名称は「越後つくしの里・ひまわりソーシャルサポートネット(つくし・ひまわりSSネット)」。代表社員は高菱(上越市東本町2)の宮越昇会長で、業務執行社員は4人、社員は9人。事務所は昨年度、上越つくしの里医療福祉協会が同市南新保に開設した「ひまわりの家」に置く。

 同グループは平成22年からヒマワリの植栽を通じた地域活性化に取り組んでおり、種の活用も検討してきた。同25年冬、長野県富士見町でヒマワリ油の先行例を視察したことで、商品化の手応えを得たという。

 搾油を同町の施設に委託し、同27年秋の収穫分から本格的な製造に着手した。収穫やラベル貼りなどの作業は、同社が市内の障害者福祉施設などで構成する上越ワーキングネットワークを通じ、委託する方針。将来的には搾油機器の導入や雇用も見据えている。

 植栽しているヒマワリ「春りん蔵」の油はオレイン酸、ビタミンEを豊富に含み、食用に最適な品種。価格はペットボトル入り(300グラム)で2000円、化粧箱付きの瓶入り(200グラム)で2000円。問い合わせはつくし工房(電025・520・3294)へ。

(この記事は1454人に読まれています)


◇8月19日 そのほかのニュース


電子版 会員仮登録フォーム 広告募集中

杉みき子オフィシャルサイト

ニュースをさがす

<<2018/11>>
18192021123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829301

最近のニュース

人気のニュース(1ヵ月間)
Copyright (c) 2006 Joetsu Times.  All rights reserved.