上越タイムス 〜 “上越地域のことが一番詳しく載っている”地域日刊紙

上越タイムスニュース

« 前の記事ニューストップ次の記事 »

本物見て触れ体験 

糸魚川小図書室に国石ヒスイ原石展示

2016年10月29日 12時00分 更新

本物見て触れ体験 

 糸魚川市立糸魚川小(渡辺寿敏校長)の図書室に29日まで、ヒスイの原石が飾られている。児童らは大きなヒスイを眺めて触り、「日本の石(国石)」の感触を直接楽しんでいる。

 展示のヒスイは重さ約15キロ。昨年、同市の小滝地区で発見されたもので、フォッサマグナミュージアム(同市一ノ宮)が貸し出した。図書室入り口近くに置かれ、日本の石選定の解説文やヒスイ、鉱物、ジオパークに関連する図書などが添えられている。

 ヒスイの展示は日本の石選定を受け、学校図書館司書の朝日仁美さんが発案した。展示は26、28、29日の3日間で、昼休みなどには多くの児童が見に訪れている。糸魚川らしく「家にもヒスイがある」という児童も多いが、大きな原石はひと味違い、「重そう」「冷たい」と感触を楽しんでいる。

 同室にヒスイの日選定を報じる新聞各紙の切り抜きも展示している。「新聞の読み比べをして、図書室が情報を得られる場所だと知ってほしい」と朝日さん。「本や新聞などから情報を得て、本物を見て触れば一層体験が残りやすい」と説明した。

◇29日に一般見学も

 29日は同校とひすいの里総合学校の合同文化祭が開かれ、一般の見学者も図書室のヒスイを見ることができる。

(この記事は636人に読まれています)


◇10月29日 そのほかのニュース


電子版 会員仮登録フォーム 広告募集中

杉みき子オフィシャルサイト

ニュースをさがす

<<2019/7>>
16123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031123

最近のニュース

人気のニュース(1ヵ月間)
Copyright (c) 2006 Joetsu Times.  All rights reserved.