上越タイムス 〜 “上越地域のことが一番詳しく載っている”地域日刊紙

上越タイムスニュース

« 前の記事ニューストップ次の記事 »

「雪月花」、デザイン性・機能性に評価

ウッドデザイン賞・グッドデザイン賞を受賞

2016年10月29日 12時00分 更新

「雪月花」、デザイン性・機能性に評価

 えちごトキめき鉄道(上越市東町、嶋津忠裕社長)が4月23日に運行を開始したリゾート列車「えちごトキめきリゾート雪月花」が24日、国土緑化推進機構など主催の「ウッドデザイン賞(建築・空間分野)」に入賞した。9月29日にも日本デザイン振興会の「グッドデザイン賞」を受賞しており、それぞれの厳しい審査を通じ、高いデザイン性や機能性などが評価された。

 ウッドデザイン賞は消費者目線で木材の良さや価値を有する製品や取り組みを表彰するもの。林野庁補助事業で、昨年創設された。審査委員長をユニバーサルデザイン総合研究所の赤池学所長、建築分野の分野長を建築家の隈研吾さんが務め、今年度は451件の中から251件を選んだ。最優秀賞などは12月に発表される。

 車両の設計デザインは同社の普通列車も担当したイチバンセン(川西康之社長)。沿線風景に映える「銀朱色」の車体色、国内最大級の大きな窓を特徴とし、車内のテーブルや座席に県産木材をふんだんに活用している。鉄道車両としての受賞は昨年度、JR九州の「或る列車」に続き2例目となった。

(この記事は853人に読まれています)


◇10月29日 そのほかのニュース


電子版 会員仮登録フォーム 広告募集中

杉みき子オフィシャルサイト

ニュースをさがす

<<2019/7>>
16123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031123

最近のニュース

人気のニュース(1ヵ月間)
Copyright (c) 2006 Joetsu Times.  All rights reserved.