上越タイムス 〜 “上越地域のことが一番詳しく載っている”地域日刊紙

上越タイムスニュース

« 前の記事ニューストップ次の記事 »

ハロウィーン一色、仮装の子200人集合

上越・本町商店街で「ハロウィンまつり」

2016年10月29日 22時00分 更新

ハロウィーン一色、仮装の子200人集合

 上越市の本町商店街を仮装した子どもたちが練り歩く「本町ハロウィンまつり」が29日、開かれた。妖精や海賊、妖怪にふんした子ども200人以上が集まり、衣料品店やカフェなどを回り、「トリック・オア・トリート(お菓子をくれないといたずらするぞ)」と告げ、お菓子を集めた。

 仮装はゲームのキャラクターや映画に登場する海賊、アニメのキャラクターが多数。母親たちによると「手作りの衣装を着させたい」という声も少なくなかった。

 妖精「ティンカーベル」の衣装を母親に作ってもらったという同市の小学3年、上竹美聖さんは「羽がちゃんとついていてうれしい」と話した。

 店員もマントを羽織ったり、耳や角を着けるなどして対応した。イベントを企画した高田本町まちづくりの浅岡哲也さんは「集客を店の売上につなげられたらいい」と話した。

 商店街では上越国際交流協会もハロウィーンにちなんだイベントを開き、仮装した市内在住の外国人らが子どもたちとゲームを楽しんだ。

(この記事は1021人に読まれています)


◇10月29日 そのほかのニュース


電子版 会員仮登録フォーム 広告募集中

杉みき子オフィシャルサイト

ニュースをさがす

<<2019/7>>
16123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031123

最近のニュース

人気のニュース(1ヵ月間)
Copyright (c) 2006 Joetsu Times.  All rights reserved.