上越タイムス 〜 “上越地域のことが一番詳しく載っている”地域日刊紙

上越タイムスニュース

« 前の記事ニューストップ次の記事 »

関川水系ジオラマ完成

上越総合技術の生徒が担当

2008年3月19日 10時12分 更新

関川水系ジオラマ完成

関川水系から受ける水の恩恵について理解を深めてもらおうとする地形模型(ジオラマ)がこのほど完成した。関係者を招いた完成式が十八日、上越市長面の関川水系土地改良区で行われた。

 ジオラマは二万五千分の一の縮尺で、長さ二・四メートル、幅一・二メートル。台を含めた高さは一・二メートル。基本模型製作を上越総合技術高環境土木科三年生の五人が担当。県補助などを受け音声ガイダンスや発光ダイオード(LED)案内、台ケースなどを付け完成させた。

 完成式には同校生徒ほか水源学習も進める戸野目小五年生の児童も参加。水が流れるような青い光や説明の声に児童も歓声をあげていた。

 ジオラマ製作発案者でもある太田三男理事長は「期待以上のものができた。地図ではあらわせない立体感のある模型を小中学生や組合員にも見ていただき理解を深めてほしい」と感慨深げに話した。

 ジオラマは同所に常設展示されるほか、水源林現地説明会などでも活用される。

(この記事は3235人に読まれています)


◇3月19日 そのほかのニュース


電子版 会員仮登録フォーム 広告募集中

杉みき子オフィシャルサイト

ニュースをさがす

<<2019/4>>
24123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
2829301234

最近のニュース

人気のニュース(1ヵ月間)
Copyright (c) 2006 Joetsu Times.  All rights reserved.