上越タイムス 〜 “上越地域のことが一番詳しく載っている”地域日刊紙

上越タイムスニュース

« 前の記事ニューストップ次の記事 »

障害者がスポーツ交流

さわやかな風受けて

2009年6月9日 11時14分 更新

障害者がスポーツ交流

 上越、糸魚川、妙高三市の身体に障害を抱える人々による「第一回第七地区身体障害者スポーツ交流会」(同実行委員会主催)が六日、妙高市二俣の赤倉ニューホテルで開かれた。障害を持つ人二百三十人、ボランティア四十人が参加。高原のさわやかな風のなか、グランドゴルフと輪投げの二競技を行い、親ぼくを深めていた。

 昭和三十八年から平成十五年まで開かれていた上越地区(第七地区)の運動会を復活させようと三市による身体障害者団体が約一年をかけて企画。実行委員長でもある糸魚川市身体障害者会の磯貝重雄会長は「自主運営のため手落ちがあるかもしれませんが楽しんで」とあいさつし、「会員だけでなく、(障害者)手帳を有する皆さんとも、一人でも多くの仲間を誘い輪を広げたい」と交流会継続への意気込みも見せた。県身体障害者団体連合会の本田佐敏会長も視察に訪れ、先駆的な取り組みに敬意を表し「上越の活動を中越や下越にも広げてほしい。私たちも宣伝していきたい」と話した。

 参加者は競技の結果に一喜一憂しながらプレーを楽しみ、笑顔の輪を広げていた。

(この記事は2214人に読まれています)


◇6月9日 そのほかのニュース


電子版 会員仮登録フォーム 広告募集中

杉みき子オフィシャルサイト

ニュースをさがす

<<2019/4>>
24123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
2829301234

最近のニュース

人気のニュース(1ヵ月間)
Copyright (c) 2006 Joetsu Times.  All rights reserved.