上越タイムス 〜 “上越地域のことが一番詳しく載っている”地域日刊紙

上越タイムスニュース

« 前の記事ニューストップ次の記事 »

流木でおもちゃ作る

国府小6年1組

2009年7月28日 11時00分 更新

流木でおもちゃ作る

 上越市立国府小(伊藤みさ子校長)の六年一組三十三人による「流木Toy博」が八月三十日まで、同市国府一の五智歴史の里会館で開かれている。海の音色がする鈴、木琴、フルートなど、子どもたちが学校裏の五智海岸で集めた流木から作り出したオリジナルおもちゃが並ぶ。午前九時から午後六時まで。無料。

 六年一組は四月から、同校ならではの地域素材、流木を利用した造形活動に取り組んできた。クラスを「株式会社Rainbow Toy」と見立て、一人ひとりがおもちゃの企画、開発を行った。全員の前でアイデアを発表し、担任の舘岡牧子同社社長の許可を得て製作に着手した。マスコットキャラクターのリュウボ君も生み出した。

 Toy博初日の二十七日、同所でオープニングセレモニーが催された。児童五人が完成した作品の遊び方などを解説。長谷川幹君は、拾った竹にきりで穴を開けて作った横笛「オーシャンフルート」を披露した。海をイメージして色も青に。「海で拾ったので海の音がすると思う」と実際に音も奏でた。

 同所はNHK大河ドラマ「天地人」効果で訪れる観光客も多いという。「Toy博で国府をアピールできれば。子どもたちの作品に触って遊んでほしい」と舘岡教諭は話していた。

【編注】霎オープニングセレモニーでくす玉を割り開幕を祝った

霑日本海を流れてきた木や貝?`、竹から作った楽器でチューリップを合奏

霏Toy博にはさっそく保護者らが訪れた

(この記事は2097人に読まれています)


◇7月28日 そのほかのニュース


電子版 会員仮登録フォーム 大島グループホームページ

杉みき子オフィシャルサイト

ニュースをさがす

<<2019/12>>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930311234

最近のニュース

人気のニュース(1ヵ月間)
Copyright (c) 2006 Joetsu Times.  All rights reserved.