上越タイムス 〜 “上越地域のことが一番詳しく載っている”地域日刊紙

上越タイムスニュース

« 前の記事ニューストップ次の記事 »

経済の先行き解説

日銀新潟支店長が講演

2010年11月27日 10時17分 更新

経済の先行き解説

 日銀新潟支店の内田眞一支店長が二十四日、ロワジールホテル上越で開かれた上越商工会議所主催の講演会で講演した。「現在の日本経済はリスクをとらなければ発展しない。日銀もリスク性資産を基金で買い入れ、強力な金融緩和を推し進める」と述べ、景気回復に向けた積極的取り組みを示した。

 一ドル八十円台前半で推移している為替レートについては「円高のもたらす影響は遅れて出てくる。今後は部品製造など直接輸出をしていない企業、サービス業に影響が出てくる。競争力低下でいえば、海外競争力をつけた韓国や中国に対する警戒感が強い。特にウォン安を懸念する声は多い」と述べた。

 今後の景気について「新興国経済の成長や金融緩和策が下支え要因となり、今後緩やかに上向く」と予測、リスク要因に米国経済の不確実性や円高・株安を挙げた。企業に対してはグローバル化、IT技術の進展、低炭素化社会への社会変化を挙げ、新たな需要の掘り起こしを促した。

 上越市の経済にも言及し「化学や鉄鋼、非鉄など素材系産業が集結している印象。今後世界規模で経済が発展した場合、原料価格高騰で産業がひっ迫するおそれがある」と弱点を指摘した。

(この記事は2528人に読まれています)


◇11月27日 そのほかのニュース


電子版 会員仮登録フォーム 広告募集中

杉みき子オフィシャルサイト

ニュースをさがす

<<2019/7>>
16123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031123

最近のニュース

人気のニュース(1ヵ月間)
Copyright (c) 2006 Joetsu Times.  All rights reserved.