上越タイムス 〜 “上越地域のことが一番詳しく載っている”地域日刊紙

上越タイムスニュース

« 前の記事ニューストップ次の記事 »

サンタに扮し運転

クリスマスバス運行

2010年12月21日 10時38分 更新

サンタに扮し運転

 妙高市栄町の頸南バス(堀川靖功社長)は二十日、サンタクロースに扮(ふん )した運転手による「クリスマスバス」の運行を始めた。身近な交通機関であるバスに関心を持ってもらい、利用の促進を図ろうという初めての試みだ。

 同社の運転手、近藤一男さん(50)が発案した。「世間は暗い話題でいっぱい。少しでも活気が出れば」と車内もきらびやかなモールや鈴で飾り立て、クリスマス気分を盛り上げている。

 真っ赤な衣装と白いひげを目にした乗客は「季節感があっていいね」「運が良かった」とにっこり。路上ですれ違う人々からも手を振られたりと注目を集めていた。

 クリスマスバスの運行は二十五日まで。きょう二十一日とあす二十二日は新井・板倉線を走る予定だ。

(この記事は1690人に読まれています)


◇12月21日 そのほかのニュース


電子版 会員仮登録フォーム 大島グループホームページ

杉みき子オフィシャルサイト

ニュースをさがす

<<2019/12>>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930311234

最近のニュース

人気のニュース(1ヵ月間)
Copyright (c) 2006 Joetsu Times.  All rights reserved.