上越タイムス 〜 “上越地域のことが一番詳しく載っている”地域日刊紙

上越タイムスニュース

« 前の記事ニューストップ次の記事 »

高田駅にエレベーター

24日から使用開始

2010年12月22日 09時27分 更新

高田駅にエレベーター

JR高田駅(廣川正一駅長)のホームで整備を進めてきたエレベーターと新跨線橋が完成。二十四日の始発から使用を開始する。エレベーターのあるJR駅は、上越地域で直江津駅に続いて二駅目となる。

 高田駅のバリアフリー駅化は、国のバリアフリー新法、上越市の交通バリアフリー基本構想に基づき実施。JR東日本が実施主体となり、JR、国、市で三分の一ずつ費用負担して整備した。事業期間は平成二十一、二十二年度で、事業費は一億一千九百万円。

 上下線ホームの跨線橋脇に各一基設置されたエレベーターは、身障者対応型の十一人乗り。車いすが利用しやすい通り抜けタイプが採用。併せて、上りホームに多機能トイレを整備。スロープは来年一月の完成予定となっている。ホーム北側の既設跨線橋は、新跨線橋の供用後に撤去される。

 利用開始を前に、廣川駅長は「ご年配の方や体の不自由な方、多くのお客様から設置の要望が多かった」と話し、快適な駅の実現に思いを深めていた。

(この記事は3880人に読まれています)


◇12月22日 そのほかのニュース


電子版 会員仮登録フォーム 広告募集中

杉みき子オフィシャルサイト

ニュースをさがす

<<2019/3>>
192021222312
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31123456

最近のニュース

人気のニュース(1ヵ月間)
Copyright (c) 2006 Joetsu Times.  All rights reserved.