上越タイムス 〜 “上越地域のことが一番詳しく載っている”地域日刊紙

上越タイムスニュース

« 前の記事ニューストップ次の記事 »

旧直江津銀行の公開始まる

2011年5月5日 14時52分 更新

旧直江津銀行の公開始まる

 上越市中央3の旧直江津銀行の公開が3日から始まった。10月まで、三八朝市の開かれる土、日、祝日に公開される。同期間に直江津地区に百円循環バスも運行される。三八朝市を核に地域活性化の動きが始まった。

 ライオン像でも知られる旧直江津銀行は明治末期の地方銀行建築を伝える貴重な建物。2年前に高達倉庫から上越市に寄贈され、検討委員会で活用方法を探ってきた。

 公開は「ライオン像の建物をまちづくりに活かす会」と地元天王町町内会の協力で行われている。室内にいすを設置し、建物や直江津の古写真、建物活用シンポジウムの様子などを展示している。初回の3日は三八朝市祭りもあり約600人が来場した。公開日の午前10時から、建物を出発点とする「三八路地あるきツアー」が行われる。ガイド、弁当付きで1000円。

 百円循環バスは「直江津にコミュニティバスを走らせる市民の会」が頸城自動車の協力で実施。三八朝市に加え直江津駅前の互の市と府中八幡宮の軽トラック市が開かれる土、日、祝日の午前中に4便を運行する。

 昨年も運行したが、3の付く日と8の付く日でコースを変えたため「分かりにくい」という意見もあり、今年は直江津駅から五智、朝市会場、直江津港、労災病院を巡る1コースに絞った。

(この記事は4123人に読まれています)


◇5月5日 そのほかのニュース


電子版 会員仮登録フォーム 広告募集中

杉みき子オフィシャルサイト

ニュースをさがす

<<2019/8>>
19202122123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近のニュース

人気のニュース(1ヵ月間)
Copyright (c) 2006 Joetsu Times.  All rights reserved.