上越タイムス 〜 “上越地域のことが一番詳しく載っている”地域日刊紙

上越タイムスニュース

« 前の記事ニューストップ次の記事 »

謙信公祭の来訪者にヒマワリの種配布

春日中生徒が被災地支援で

2011年8月22日 10時29分 更新

謙信公祭の来訪者にヒマワリの種配布

 上越市立春日中(佐藤賢治校長)生徒らは21日、JR直江津駅前でGACKT謙信“出陣”にわく謙信公祭に訪れる乗降客に、ジャンボヒマワリの種を配布しながら観光客を歓迎した。種はGACKT謙信をデザインした袋に封入。思わぬプレゼントに乗降客、GACKTさんのファンを喜ばせた。

 同校は東日本大震災の被災地復興を願ってヒマワリを植栽する「ふくしまシードプロジェクト」に、生徒会(久間美晴生徒会長)の呼びかけで賛同し活動中。種の配布は、被災地復興支援という謙信の時代から連綿と引き継がれる“義の心”と、おもてなしの心を重ね合わせた。

 種は同校が毎年栽培しているヒマワリから昨年採取されたもので、特別支援学級の生徒が封入作業に携わり1500袋を用意した。

 列車から多くの乗客が降りてくると、生徒たちは「上越にようこそ。春日中のヒマワリの種です。どうぞ」と配った。受け取った人はGACKTさんのイラスト袋に歓声。都内から訪れた女性2人は「GACKTに関するものなら何でもうれしい」と大喜びだった。

 種の配布と別に、もう1組は大きなゴミ袋を携え、観光客の空になったペットボトルを回収。こちらも感謝されていた。生徒会長の久間さんは「春日山城の地元として、あたたかいハートを皆さんにお届けし震災のことにも思いを持っていただきたい」と話していた。

(この記事は2521人に読まれています)


◇8月22日 そのほかのニュース


電子版 会員仮登録フォーム 広告募集中

杉みき子オフィシャルサイト

ニュースをさがす

<<2019/4>>
24123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
2829301234

最近のニュース

人気のニュース(1ヵ月間)
Copyright (c) 2006 Joetsu Times.  All rights reserved.