上越タイムス 〜 “上越地域のことが一番詳しく載っている”地域日刊紙

上越タイムスニュース

« 前の記事ニューストップ次の記事 »

上越の支援物資、被災地へ

「市民ネット やっぺし!東北」

2012年3月3日 11時33分 更新

上越の支援物資、被災地へ

 昨年3月の東日本大震災で被災した東北地方を応援する市民ネットワーク「やっぺし!東北」(本部東京、稲葉勝哉代表)のメンバーが2日に来越。上越地域のボランティアとともに被災地の宮城県へ支援物資をトラックに積み込み作業を行った。

 「やっぺし!東北」は被災地でボランティア経験を持つ人たちで昨年6月に結成。被災地でボランティア活動をしたり、支援物資を届けたりしている。最近は「湯たんぽ」、「ひなあられ」を被災地に送る活動をしている。

 福島県からの避難者支援として上越市が募集し、市民、企業から寄せられた救援物資のうち、旧直江津図書館で保管していたものを宮城県へ送った。市はこれまでも、被災地支援に向かう職員の車に支援物資を積載したり、NPO団体の協力を得て被災地に物資を送っている。

 この日は上越からのボランティアら14人で、毛布やタオルなどの物資を2トントラックに積み込んだ。「場所によってまだまだ物資の足りないところがあり、“見えない格差”がある」と副代表の大森正之さん。

 上越でボランティアの呼びかけを行った木下孝次さんは「妙高市からも参加してくれる人がいてうれしかった」と話している。今回送られた物資は宮城県の石巻市や東松山市などで支援が行き届いていない地域を回り、届けられるという。

(この記事は3070人に読まれています)


◇3月3日 そのほかのニュース


上越タイムス社公式FB 電子版 会員仮登録フォーム

杉みき子オフィシャルサイト

ニュースをさがす

<<2017/6>>
20212223123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829301

最近のニュース

人気のニュース(1ヵ月間)
Copyright (c) 2006 Joetsu Times.  All rights reserved.