上越タイムス 〜 “上越地域のことが一番詳しく載っている”地域日刊紙

上越タイムスニュース

« 前の記事ニューストップ次の記事 »

【速報】新社名と路線名を発表

新潟県並行在来線会社

2012年6月22日 21時00分 更新

【速報】新社名と路線名を発表

 平成27年春の北陸新幹線開業とともにJRから並行在来線の経営を引き継ぐ新潟県並行在来線株式会社(嶋津忠裕社長)は22日、県庁で記者会見し、新社名と2つの新路線名の候補を発表した。

 新社名は「えちごトキめき鉄道株式会社」。新路線名は、現JR北陸本線・直江津駅―市振駅間の「日本海ひすいライン」と、現JR信越本線・直江津駅―妙高高原駅間の「妙高はねうまライン」。29日の株主総会決議を経て7月1日に社名を変更する。

 昨年12月から今年2月まで公募し集まった2215通をもとに、学識経験者や沿線市商工会議所などで構成する検討委員会、株主アンケートから選定。商標登録の可否を確認した上で社名案6件、路線名案各9件に絞り込み、20日の取締役会で全国への発信力や名称間のバランスを考慮して決定した。

 新社名について、嶋津社長は明治19年に直江津―関山間が県内で初めて開業したという歴史性、首都圏や関西圏の玄関口となる地理性、全国から寄せられるトキの注目度を整理。「明るい未来を感じさせ、地域の歴史や鉄道への思いが『えちごトキめき鉄道』になったと解釈している」と説明。「全国発信力があり、ロマン、明るさ、元気をアピールする地域の個性や思いを感じさせる名称」と胸を張り、今秋をめどに決定する経営基本計画策定に意欲を話した。

(この記事は3051人に読まれています)


◇6月22日 そのほかのニュース


電子版 会員仮登録フォーム 広告募集中

杉みき子オフィシャルサイト

ニュースをさがす

<<2019/3>>
192021222312
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31123456

最近のニュース

人気のニュース(1ヵ月間)
Copyright (c) 2006 Joetsu Times.  All rights reserved.