上越タイムス 〜 “上越地域のことが一番詳しく載っている”地域日刊紙

上越タイムスニュース

« 前の記事ニューストップ次の記事 »

中国で「制服ファッション」販売

妙高市の「このみ」、期間限定出店

2012年6月23日 10時00分 更新

中国で「制服ファッション」販売

 制服ファッションの「このみ」(妙高市柳井田町3)が7日から、中国・瀋陽にある「瀋陽伊勢丹」で期間限定の衣料販売を開始した。日本のファッションやアイドルなどポップカルチャーが中国でも浸透していることを背景に、「制服世代」の10代後半だけでなく20代前半までの女性をターゲットに展開する。今後、上海、成都の伊勢丹でも出店する予定だ。

 相浦孝行社長によると出店から2週間経過したが、「制服という衣料をどう着こなすか分からない様子で、期待していたほどの反応ではない」という。出店終了の7月4日に向け、店員自身が着用して着こなし方を見せたり、複数買いした人は2点目から割り引きをしたりと、巻き返しとさらなる市場調査を進める。

 また、国内では「制服」といえば高校生の需要がほとんどだが、中国では想定顧客を20代前半まで拡大する。「国内では制服が社会的に認知されているため、あまり客層を広げてしまうとイメージ低下に直結する。中国では“日本のファッション”と認識される」(相浦社長)

 中国での出店などは未定。ただし、インターネット通販の利用者数が外国の中で最多であること、商品の生産拠点が中国にあることから、何らかの形で出店を模索していくという。

 出店している瀋陽は中国東北部最大の都市で、人口約800万人。伊勢丹は2008年1月に開業した。

 国内では大阪市内に路面店出店を目指す。「大阪、兵庫は特に制服のない高校が多いし、関西全体でも大きな需要がある。原宿のようにファッション性が高く、治安の面でも健全な場所に出店したい」と話した。

(この記事は1620人に読まれています)


◇6月23日 そのほかのニュース


電子版 会員仮登録フォーム 広告募集中

杉みき子オフィシャルサイト

ニュースをさがす

<<2019/5>>
2021221234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930311

最近のニュース

人気のニュース(1ヵ月間)
Copyright (c) 2006 Joetsu Times.  All rights reserved.