上越タイムス 〜 “上越地域のことが一番詳しく載っている”地域日刊紙

上越タイムスニュース

« 前の記事ニューストップ次の記事 »

企画展「齋藤真一と瞽女」開幕

総合博物館・池田敏章コレクション

2012年6月23日 10時00分 更新

企画展「齋藤真一と瞽女」開幕

 上越市立総合博物館の企画展「齋藤真一と瞽女―池田敏章コレクション」がきょう23日、開幕する。油彩画51点、版画46点など125点が一堂に展示される記念すべき絵画展。

 盲目女性が生きるため歌や三味線、語りの芸に精進し、1年のほとんどを旅に暮らしたのが「瞽女(ごぜ)」。最後の世代の瞽女たちに聞き書きを重ね、自らも徒歩の旅を体験しながら、瞽女の生き方や思いを絵画世界によみがえらせた齋藤真一。上越市でかつてない規模で、その画業をたどることができる。

 すべての作品と資料は、北海道恵庭市に住む池田敏章さんが昨年5月、上越市へ寄贈した。その数149点。版画など重複作を除く展示で、コレクションの全体像が明らかになった。30年をかけ優品を選び抜いた作品群は、池田さんの齋藤芸術に対する情熱の証し。恒久の保管場所をゆかりの地上越市と定め無償で手放した決断の重さも、見る人に伝わってくる。

 22日午後、美術関係者らを招いて開会式と内覧会が開かれた。あいさつで池田さんは「多くの人に来ていただく、私の夢と希望が実現しました。本当に…」と声を詰まらせ、列座の人々から温かい拍手を浴びた。

 同展は9月2日まで。月曜休館。入館料は一般300円、小中学生150円。ただし市内小中学校に通う児童生徒は無料。

(この記事は1410人に読まれています)


◇6月23日 そのほかのニュース


電子版 会員仮登録フォーム 広告募集中

杉みき子オフィシャルサイト

ニュースをさがす

<<2019/8>>
19202122123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近のニュース

人気のニュース(1ヵ月間)
Copyright (c) 2006 Joetsu Times.  All rights reserved.