上越タイムス 〜 “上越地域のことが一番詳しく載っている”地域日刊紙

上越タイムスニュース

« 前の記事ニューストップ次の記事 »

北朝鮮からの船入港

直江津港で立ち入り検査

2007年2月14日 09時52分 更新

北朝鮮を出港したカンボジア船籍の貨物船(千二百四十三トン)が十三日、直江津港に入港した。北朝鮮を出港した船舶が直接日本の港に入るのは昨年十月に特定船舶入港禁止に関する特別措置法の発動以来全国で初めて。着岸後、海上保安署などによる立ち入り検査が実施された。積み荷はなく異常はなかった。

 貨物船「KENYO」の乗組員は九人で全員中国人。今月二日、下関港で中古車を積み北朝鮮に入っている。九日に出港、荒天のため釜山沖で停泊するなどしていた。

 直江津港中央ふ頭には午前十一時十五分に着岸。上越海上保安署、新潟海上保安部、税関、入管の職員ら四十人が貨物船に乗り込み、密輸品など不審物がないか立ち入り検査を実施。約一時間後、問題がないことを確認した。貨物船は検査の後、スクラップなど鉄くずの積み込みを開始。千トンを積み込み、十五日中に中国の海門に向け出港する予定。

 港を管理する県の直江津港湾事務所は、北朝鮮船籍の船舶でなく、岸壁使用許可の申請上問題がなかったので通常対応をとったとしている。

(この記事は1542人に読まれています)


◇2月14日 そのほかのニュース


電子版 会員仮登録フォーム 広告募集中

杉みき子オフィシャルサイト

ニュースをさがす

<<2019/4>>
24123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
2829301234

最近のニュース

人気のニュース(1ヵ月間)
Copyright (c) 2006 Joetsu Times.  All rights reserved.