上越タイムス 〜 “上越地域のことが一番詳しく載っている”地域日刊紙

上越タイムスニュース

« 前の記事ニューストップ次の記事 »

幅広いジャンルの65点一堂に

9月1日まで、上越美術協会会員展

2013年8月29日 12時00分 更新

幅広いジャンルの65点一堂に

 上越美術協会(池田稔会長)の第31回会員展が上越市本町5、あすとぴあ高田5階のミュゼ雪小町で開かれている。9月1日まで。30日午前11時から小林新治さんによる作品解説会。31日午前11時から村山陽さんによる解説会が開かれる。最終日の9月1日午後1時30分から高橋由美さん、近藤則絵さんが出演し、フルートコンサートが会場で開かれる。いずれも入場無料。各日午前10時から午後6時まで開場。最終日は午後4時に閉場する。

 地域に根ざした美術館建設促進運動の過程で発足した同協会。美術振興と文化による街の活性化を目的に講演会や美術館巡りなどを企画。会員たちの創作活動の今を紹介する会員展も31回の歴史を重ねている。

 今展では油彩、水彩の洋画を中心に、水墨画、彫塑、漆工芸、切り絵、銀粘土細工と幅広いジャンルの作品が寄せられた。55人が65点を出品。

 身近な風景や人物を描く具象画には上越地域の気候、風土をそのまま反映した画面も多い。抽象作品でも緻密な技を駆使する作品が集まった。激しい感情の表出や奇抜な技法での表現、個性的主張を遂げようとする作品は見あたらない。正統を志向し調和を尊重する上越地域の文化の雰囲気は美術にも顕著だ。 

(この記事は2073人に読まれています)


◇8月29日 そのほかのニュース


電子版 会員仮登録フォーム 広告募集中

杉みき子オフィシャルサイト

ニュースをさがす

<<2018/9>>
1415161718191
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30123456

最近のニュース

人気のニュース(1ヵ月間)
Copyright (c) 2006 Joetsu Times.  All rights reserved.