上越タイムス 〜 “上越地域のことが一番詳しく載っている”地域日刊紙

上越タイムスニュース

« 前の記事ニューストップ次の記事 »

11月に「三城物語」検定

上越市実行委、高田開府400年で

2013年8月30日 12時30分 更新

11月に「三城物語」検定

 上越商工会議所や上越観光コンベンション協会、上越教育大、上越市などで組織する「上越市検定実行委員会」(田中弘邦会長)は11月に高田開府400年にちなむ「三城物語」検定を行う。春日山城、福島城、高田城と替わりながら越後を統べる城下町であり続けた上越の400年間―市民に郷土の歴史に親しんでもらい、より詳しく知ってもらう企画。

 11月10日午後1時30分から上越市山屋敷の上越教育大、同市西城町1の同大学校教育実践研究センターの2会場で検定を行う。いずれも初級で設問は同じ。大学キャンパスでは1人の受験、研究センターでは保護者と子どものペア受験を受け付ける。

 試験は三者択一式に100問を出題。100点満点中70点以上で合格となる。合格者には認定書が授与されるほか、協力商店などの割引チケットが贈られる。

 公式テキストブックが編まれている。室町後期から江戸時代までが出題範囲。この中の記述から7割程度を出題する。春陽館書店、柿村書店、文美堂書店、知遊堂、戸田書店、熊沢書店、蔦屋書店で販売中。税込み1050円。テキストは平成3年に上越市が刊行した「上越市史普及版」の第4章「武士と農民と町人」とほぼ同じ内容。

 受験料は小中学生1000円、高校生・一般2000円。小中学生と両親や祖父母など保護者によるペア受験は2人1組で2500円と割安。申込用紙はテキストに挟まれている。別に上越商工会議所、高田図書館、上越市市民プラザ、レインボーセンター、雁木通りプラザ、上越市街なかサテライト、上越観光物産センターに置かれている。申し込み締め切りは10月25日。

 詳しい問い合わせは検定実行委員会事務局(電025・525・1185)へ。

 

(この記事は1798人に読まれています)


◇8月30日 そのほかのニュース


電子版 会員仮登録フォーム 広告募集中

杉みき子オフィシャルサイト

ニュースをさがす

<<2019/7>>
16123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031123

最近のニュース

人気のニュース(1ヵ月間)
Copyright (c) 2006 Joetsu Times.  All rights reserved.