上越タイムス 〜 “上越地域のことが一番詳しく載っている”地域日刊紙

上越タイムスニュース

« 前の記事ニューストップ次の記事 »

グランプリは高田世界館、幻魚の干物

上越地域「ご当地じまん合戦」発表会

2013年12月3日 12時00分 更新

グランプリは高田世界館、幻魚の干物

 県上越地域振興局(折笠昇局長)が取り組む「2013上越地域『ご当地じまん合戦』」の発表会が1日、頸城区百間町のユートピアくびき希望館で行われた。審査の結果、「自然・行祭事部門」で日本最古の映画館「高田世界館」(NPO法人街なか映画館再生委員会)、「地域ならではの食部門」で幻魚(げんぎょ)の干物(ゆめ企画名立)がグランプリに輝いた。

 昨年度から始まった事業で今回は両部門に計99件の応募があり、種類審査の結果、自然・行祭事部門で6件、地域ならではの食部門で5件が発表会に臨んだ。JR東日本フロンティアサービス研究所の鎌田由美子副所長を特別審査員に迎え、折笠局長ら9人が審査。

 発表会で各候補が「じまんの逸品」について思いを発表。食部門は試食審査も行われ、審査員が講評した。

 今回、グランプリに加えて、フェイスブックへの投票によるフェイスブック賞も設けられ、自然・行祭事部門で高田世界館、食部門で「かなや味噌(赤)、かなや味噌(白)」(上越福祉会かなやの里ワークス)、「新潟御米プリン」(パティスリーリ・リ)が選ばれた。

(この記事は1762人に読まれています)


◇12月3日 そのほかのニュース


電子版 会員仮登録フォーム 広告募集中

杉みき子オフィシャルサイト

ニュースをさがす

<<2019/7>>
16123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031123

最近のニュース

人気のニュース(1ヵ月間)
Copyright (c) 2006 Joetsu Times.  All rights reserved.