上越タイムス 〜 “上越地域のことが一番詳しく載っている”地域日刊紙

上越タイムスニュース

« 前の記事ニューストップ次の記事 »

上越市中学校駅伝、男女62チーム雨中に激走

男子は上教大附初V、女子は城北3連覇

2014年9月26日 13時30分 更新

上越市中学校駅伝、男女62チーム雨中に激走

 中学生が雨中の激走―。第9回上越市中学校駅伝競走大会が25日、頸城中周辺コースで行われた。男子20校34チーム、女子18校28チームが出場し、低気圧の影響により雨が降り続く中、レースを展開した。結果、男子は上越教育大附属Aが初優勝、女子は城北Aが3連覇した。

 男子が5区間12・5キロ、女子は3区間7・2キロで争った。男子の上越教育大附属Aは1区でエースの炭谷倫寛(3年)が3位スタートとなったが、2区で加納基晴(3年)が地区400メートル、800メートル覇者のスピードを見せトップに。その後も3区で区間3位、4、5区は連続区間賞と快走を見せ、2位の春日Aに50秒差をつけてフィニッシュした。

 14秒差を逆転した加納は「たすきをもらった時にトップに立つ自信があった」と会心の走りを振り返った。中盤3区でトップを死守した山?玲朗(3年)は「8、9月に笹ケ峰などで走り込んだ成果が出た。地区大会でも優勝を目指して頑張りたい」と意気込んだ。

 女子の城北Aは1区で宮?華央(3年)が4位でスタート。2区松本天毎(2年)が区間トップの走りで2位まで上げ、アンカー望月春香(2年)が区間2位の走りで城北Bを逆転した。結局、2位の上越教育大附属Aに15秒差をつけた。

 主将の宮?は「私が1区で失速したけど、みんなが上げてくれて、チームってすごいなと思った。これから長い距離を走って持久力を高め、地区大会で1位を狙っていきたい」と次の目標を挙げていた。

 県大会出場をかけた上越地区大会は10月15日、新井総合公園周辺特設コースで行われる。

(この記事は5706人に読まれています)


◇9月26日 そのほかのニュース


電子版 会員仮登録フォーム 大島グループホームページ

杉みき子オフィシャルサイト

ニュースをさがす

<<2019/12>>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930311234

最近のニュース

人気のニュース(1ヵ月間)
Copyright (c) 2006 Joetsu Times.  All rights reserved.