上越タイムス 〜 “上越地域のことが一番詳しく載っている”地域日刊紙

上越タイムスニュース

« 前の記事ニューストップ次の記事 »

瞽女唄、新潟市の萱森直子さん演奏

高田瞽女顕彰事業、40人の聴衆魅了

2014年10月20日 13時30分 更新

瞽女唄、新潟市の萱森直子さん演奏

 上越市は高田瞽女顕彰事業の一つとして13日午後3時から上越市東本町1、麻屋高野商店で瞽女唄の演奏会を開いた。高田瞽女の文化を保存・発信する会が主管。昭和初年の商店がそのまま残る会場には40人余りの聴衆が集まった。

 演奏者は長岡瞽女だった小林ハルさんと高田瞽女、杉本シズさんからそれぞれの芸を伝授された、新潟市在住の萱森直子さん。演奏スタイルなど説明を交えながら段もの(何段も続く物語)の一つ「山椒大夫」を演じた。

 萱森さんは自ら瞽女唄の継承者を任じ、演じる時は目を閉じてのなりきり。さおを横たえた三味線の構えや荒い弾き方もそのまま。せりふには声色を使わず、演技の要素も施さない淡々とした語りを披露した。音楽や演劇の装飾を廃した瞽女独特の奏法に、かえって想像力をかきたてられた聴衆は次第に物語世界に引き込まれていった。

(この記事は1546人に読まれています)


◇10月20日 そのほかのニュース


電子版 会員仮登録フォーム 大島グループホームページ

杉みき子オフィシャルサイト

ニュースをさがす

<<2019/12>>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930311234

最近のニュース

人気のニュース(1ヵ月間)
Copyright (c) 2006 Joetsu Times.  All rights reserved.