上越タイムス 〜 “上越地域のことが一番詳しく載っている”地域日刊紙

上越タイムスニュース

« 前の記事ニューストップ次の記事 »

秋の海谷まつり、渓谷の紅葉満喫

海谷三峡パーク、行楽客でにぎわう

2014年10月20日 13時30分 更新

秋の海谷まつり、渓谷の紅葉満喫

 糸魚川市の山々が錦に彩られ始めた。市内の紅葉スポットの一つ“越後の上高地”と呼ばれる海谷渓谷でも色付きが進み、見頃を迎える。今年も紅葉の時季に合わせた恒例の「秋の海谷まつり」が19日、渓谷入り口にあるキャンプ場「海谷三峡パーク」(同市御前山)で開かれた。市内外から家族連れなど大勢が繰り出して雄大な景色や地場産の味、各種イベントを楽しんだ。

 海谷まつりは地域活性化を図ろうと、「住みよい西海をつくる会」と西海地区自治振興会、同地区公民館で実行委員会を組織し、毎年春と秋の年2回実施。「海谷の良さを知ってもらい、多くの人に来てもらって地域を元気に」(松澤一久実行委員長)と続ける。秋は千丈ケ岳や駒ケ岳などの紅葉が見どころ。

 ハイキングの一行は、川の増水のため海谷高地までは断念したものの、川まで往復の道のりに出掛けた。一般来場者も同パークの展望台から迫力ある断崖絶壁を眺めたり、公募写真展のコーナーで残雪や新緑、初冬の景色を撮した海谷の四季を見たりして渓谷美を堪能した。

 西海地区の味が多数並ぶ特産品販売を目当てに訪れる人も。地場産野菜やキノコなどが入った具だくさんの名物「海谷汁」や、昨年から初めた地元の市野々産100%そば粉を使った「海谷そば」が人気を集めた。

 広場では太鼓の演奏やフラダンスの発表がイベントを盛り上げ、丸太切りや木工クラフトなど自然に親しむ体験活動も行われた。

 同パークの管理人によると、今年の紅葉は例年より早め。見頃は今月末ぐらいまでの見込み。海谷渓谷は糸魚川世界ジオパークの24ジオサイトの1サイト。ジオパーク認定後は県外の遠方から訪れる人が増えているという。

(この記事は1938人に読まれています)


◇10月20日 そのほかのニュース


電子版 会員仮登録フォーム 大島グループホームページ

杉みき子オフィシャルサイト

ニュースをさがす

<<2019/12>>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930311234

最近のニュース

人気のニュース(1ヵ月間)
Copyright (c) 2006 Joetsu Times.  All rights reserved.