上越タイムス 〜 “上越地域のことが一番詳しく載っている”地域日刊紙

上越タイムスニュース

« 前の記事ニューストップ次の記事 »

特急「はくたか」代替で“超快速列車”導入へ

直江津?越後湯沢間で「北越急行」、列車愛称を募集

2014年11月5日 12時00分 更新

特急「はくたか」代替で“超快速列車”導入へ

 ほくほく線を経営している第三セクター「北越急行」(渡邉正幸社長、本社・南魚沼市)は平成27年3月の北陸新幹線開業に伴い、特急「はくたか」に代わって直江津―越後湯沢駅間で「超快速列車」(列車種別名仮称)を運行する。4日、一般から愛称名を募集すると発表した。

 同社によると、最高時速160キロの特急「はくたか」は現在、同区間を約55分間で運行。「超快速列車」は最高時速110キロのHK100形普通電車を用い、「はくたか」並みの約1時間を見込む。特急すれ違いによる停車時間がなくなるため、停車駅数を調整することで、現行の各駅停車より約30分の短縮が図られるという。

 愛称名募集は15日から30日まで。応募資格はない。ほくほく線のシンボルとなる観点で、利用者にとっての親しみやすさ、覚えやすさ等から選考する。採用された優秀作品応募者にオリジナルグッズを贈呈する。

 「超快速列車」の具体的な本数、停車駅などは現在、運行に関係するJR東日本、えちごトキめき鉄道と調整中。愛称名と併せて、12月ごろに見込まれる来年3月付ダイヤ改正発表時に公表する。

 ほくほく線ホームページからの応募も可能。問い合わせは同社愛称募集係(電025・770・2820)へ。

(この記事は31610人に読まれています)


◇11月5日 そのほかのニュース


電子版 会員仮登録フォーム 広告募集中

杉みき子オフィシャルサイト

ニュースをさがす

<<2019/7>>
16123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031123

最近のニュース

人気のニュース(1ヵ月間)
Copyright (c) 2006 Joetsu Times.  All rights reserved.