上越タイムス 〜 “上越地域のことが一番詳しく載っている”地域日刊紙

上越タイムスニュース

« 前の記事ニューストップ次の記事 »

台湾の高校生76人、雪とスキー初体験

教育旅行で妙高・池の平へ

2015年1月28日 12時30分 更新

台湾の高校生76人、雪とスキー初体験

 訪日教育旅行の一環で日本を訪れている台湾の国立台中文華高級中学の2年生76人が27日、妙高市池の平温泉のアルペンブリックスキー場でスキーを体験した。生徒にとって雪やスキーは初めて。雪上でのスポーツを楽しんだ。

 同校は日本の高校に当たり、台中市内の進学校で生徒数は約2500人。薛光豊校長が2年前の招へい事業で来県視察したことから訪日旅行が実現した。一行は24日に来日し、群馬県を訪問。26日に県農業総合研究所の訪問や長岡工業高等専門学校で学校交流などを実施。宿泊先のアルペンブリック妙高で入村明市長らの歓迎を受けた。

 スキー体験当日の27日はあいにくの天候となったが、越後上越上杉おもてなし武将隊とレルヒさんが生徒らを歓迎。生徒は片足にスキー板を装着して慣れることから始め、ボーゲンなども体験。初めて見る大量の雪とスキーを満喫した。

 男子生徒(17)は「初めての経験でわくわくしています。台湾ではできないので、もっと楽しみたい」と喜んだ。薛校長は「生徒たちは日本の文化を学び、台湾ではできない雪上体験ができて、うれしいと思います。今後も台湾からの訪日教育旅行は続くと思います」と話していた。

(この記事は1620人に読まれています)


◇1月28日 そのほかのニュース


電子版 会員仮登録フォーム 広告募集中

杉みき子オフィシャルサイト

ニュースをさがす

<<2019/1>>
212212345
6789101112
13141516171819
20212223242526
272829303112

最近のニュース

人気のニュース(1ヵ月間)
Copyright (c) 2006 Joetsu Times.  All rights reserved.