上越タイムス 〜 “上越地域のことが一番詳しく載っている”地域日刊紙

上越タイムスニュース

« 前の記事ニューストップ次の記事 »

上越妙高駅に「駅弁山崎屋」出店

ホテルハイマート、3月14日オープン

2015年2月2日 14時00分 更新

上越妙高駅に「駅弁山崎屋」出店

 ホテルハイマート(上越市中央1)は、北陸新幹線上越妙高駅内に弁当店を開業することになり、工事が進んでいる。場所は同駅の東西自由通路。北陸新幹線開業日の3月14日にオープンさせる。店名は「駅弁山崎屋」。営業時間は午前7時から午後7時30分。同社で調製する弁当の販売だけではなく、物産品も取り扱う考え。

 店舗面積は約100平方メートル。弁当は、駅弁コンテストでの受賞歴があり全国的に評価が高い「磯の漁火」「鱈めし」のほか、一般公募のコンテストから生まれた「釜ぶた弁当」など10種程度と総菜を並べる予定。同社弁当部の山崎知夫・統括部長は「当社の弁当は添加物不使用のため、賞味期限は相対的に短い。そこを(顧客が)良い方へ評価してくれたら」と話す。

 日本酒やビールなど酒販も手掛ける。物産は他店との違いを打ち出そうと、妙高市や十日町市、佐渡市など近隣の特産品をそろえる。

 店は新幹線の乗降客に加え、駅ロータリーに到着する観光バスへの弁当供給基地にもする考え。「現状では車中食の需要もある。売店とバスへの供給基地という、両方の役割を担う店にしたいと考えている」(山崎部長)という。

(この記事は7419人に読まれています)


◇2月2日 そのほかのニュース


電子版 会員仮登録フォーム 広告募集中

杉みき子オフィシャルサイト

ニュースをさがす

<<2019/8>>
19202122123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近のニュース

人気のニュース(1ヵ月間)
Copyright (c) 2006 Joetsu Times.  All rights reserved.